>>>>
2005年 11月 28日 ( 1 )
2005-11-28 00:55  <結>
結と書いて、ゆいと読む。世界遺産である合掌造り集落に古くから伝わる風習のことだ。
急傾斜の茅葺屋根を持つ合掌造り家屋は、屋根葺きと呼ばれる普請を要する。
結とは、その普請を村民総出で扶助する慣習を言う。合掌造り集落に伝わる独特の社会制度。
そのような伝統的な相互扶助の結によって、唯一無二の合掌造りは継承されてきた。
白川郷と五箇所地方に存続する合掌造り集落は、1995年に世界文化遺産に登録された。
結によって合掌造りが維持されてきた「生きた遺跡」としての価値が、「世界の宝」として認められたのだ。
村民のわかちがたい絆が、「世界の宝」としてのかけがえのない普遍的価値を育んだ。

結は、建築の根源的な価値を表している。建築のあり方は、本来ならば結のようなものなのかもしれない。
絆によって「生きた建物」を構築していくこと。それが最も重要なのかもね。
[PR]
by note_R | 2005-11-28 00:55