>>>>
<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2005-05-30 15:02  <物乞いの少女>
なぜだろう?ふとそのことを想い出してしまい、急に軽い罪悪感にさいなまれてしまった。
2001年の夏、初めて本格的に海を渡り、全くの異郷の地インドを訪れた時のことである。
どの都市のどの場所でのことであったかは、よく覚えていない。でも、そのことだけははっきりと想い浮かんでしまったのだ。

大地がそのまま隆起したような棲家が、群となって集積している農村集落。日本の都市とは全く違う異国情緒あふれるインドの古都市。
白大理石が輝く壮麗なタージマハルの美しさ。視線が合ったら絶対にそらさないで、じっと見つめてくるインド人の眼差し。
愛着を持って接してくれるインド人や、愛嬌のある日本語で話しかけてくるインド人の多さ。どんなに混雑してようが牛を優先してしまう都市の交通事情。
ちょうど滞在中にホテルのTVで目撃した、WTCに飛行機が突っ込む衝撃的なシーン。
いずれも印象深いものだが、インドの地で最も印象に残っていたことはそんなことではなかった。

物乞い。
貧しい国、観光資源が豊かな国であるがゆえに、インドに彼らが多く存在するのは当然の事だ。
遠く離れた土地にまで旅行できるほどに恵まれた経済大国からの旅人を、彼らは羨望の目で見つめる。これも、当然の事。
富める者が貧しい者に富を分け与える。これも彼らからすれば極自然で当然の事。

当然、彼らは群がる。
かっぷくが良く、アラブ人のイメージをそのまま表したかのようなインド人運転手の車から降りると、
お金のある観光客を目当てにして彼らは群がり、ものを売りつけたり単にお金だけを要求したりする。
怖いくらいに日本語が堪能な、頼れるもう一人のインド人ガイドは、僕等2人に彼らの要求に応じないようにと忠告する。
一人の要求に応じると、全ての物乞いの要求に答えないといけなくなるから。当然だ。

その当然という錯覚が、そのことを引き起こす。

それは本当に突然の出来事だった。
とある目的地に向かって歩いている時に、いきなりあどけない少女が近づいてきて宙返りをした。
周囲に他の物乞いはいなかった。インド人のガイドと僕らの4人だけ。もしかしたら、他の3人はそれを目撃しなかったのかもしれない。
その少女と目が合ったのが僕だけだったからかも知れないが、その少女は宙返りをした後、僕に近づいてきて「Money」といった。
少女の突然の宙返りは、物乞いのためのパフォーマンスだった。

「No」。小さな少女に向かって発した言葉は、それを拒否するものだった。
それまでの当然という錯覚が、思わずそんな言葉を生じさせてしまった。
周囲に他の物乞いはいなかったから、わずかな金でも与えてもよかったのに。

彼女が立ち去ってしまってから、後悔の念が湧き上がってきた。なぜ拒否してしまったんだ?
「No」といった瞬間に彼女が見せた悲しそうな表情が、その思いをよりいっそう深めさせた。
なぜ、わずかな優しさでも小さな彼女に示すことができなかったのだろうか。

苦い経験は記憶の奥底に閉じ込められ、ある瞬間に思いがけずにふっとあらわれる。
インドでの経験の中で最も印象に残っていたのは、小さな物乞いの少女の、小さな小さな要求だったのだ。
[PR]
by note_R | 2005-05-30 15:02
2005-05-23 17:23  <秘境>
行き詰まったらよく都市の中を彷徨っていた。何を探すでもない、ただ偶然の発見を求めて。
それは今や慣習となり、2つ大きな課題をこなさなければならなかった1年前から続いている。
そんな慣習の中で、偶然にとてもとても贅沢な空間を発見してしまった。

それは、うっそうとした自然の中の名もなき広場。
でも、人であふれる人工の広場とは別世界。
木々のこすれる音しか聞こえない、まさに自分だけの空間。

雑然と炊事場が置かれ、恐らくは人が座るための数本の切り株があることから、
そこの一部はキャンプ場としての役割を担っているのだろう。
しかし、当然普段からキャンプなんてする人間はいるわけもなく、訪れれば必ず人はいなかった。
人工的な作為が少なからずとも施されている公園とは違い、そこにはあるがままの自然が残されている。

身近な都市の中に忽然と現れる、自然だけの手つかずの空間。
誰にも邪魔されずに、そんな贅沢な空間を独り占めできる。まさに秘境である。

そこには2本の桜の木がある。春になるとその桜の木は鮮やかな色を発し、
緑の木々とぽっかりと大きく開けた空とともに、とてもとても綺麗なコントラストを演じる。

自分だけの秘境。誰にも教えない。
[PR]
by note_R | 2005-05-23 17:23
2005-05-22 01:27  <ふるさと、そして新しい風>
<英雄>の投稿をしてから、急に懐かしいという感情が湧き上がってきた。
思えば東京ドームによく連れて行かれていた頃は、高円寺という街で暮らしていた。
千葉の君津市、高円寺、代官山、三鷹と今まで様々な土地を転々としてきたけど、
小・中学校をすごしていた高円寺という街は、その中でも特に思い出深い街だった。

高円寺にいた頃は、中野と杉並の小・中学校を対象としたサッカーのクラブチームに所属していて、
練習場所としていろんな学校に出向いていた記憶がある。
練習前の集合場所、練習後のたまり場として、高円寺の商店街はとても魅力的な場所だった。
学校帰りに駄菓子屋に寄って、なんだかんだいいながら時間をつぶしたり。
阿波踊りの時なんて、出向けば必ず誰かしらに会って、歩いている内にメンバーが変わっていたり。
誰もが暇をもてあましていて遊び相手を探してたから、同学年のほとんどの家のありかをみんなが知っていた。
その他いろんなことがあったけど、その頃の遊びの舞台は必ずといってもいいほど高円寺という街だった。

そんな高円寺に、伊東豊雄氏の建築ができることになった。しかも、出身中学校のすぐ近く。
高円寺会館改築コンペの最優秀案が、伊東豊雄氏に決定したのだ。
高円寺を故郷の様に思っている僕からすると、少し複雑な心境だ。
子供の頃過ごした街がそのまま変わって欲しくないという心境と、
新しい風が高円寺という街をよりよくするするかもしれないという期待感。
しかし、新しい風が良い変化をもたらすと、伊東案のプレゼンは思わせてしまう力があった。
「 地域性 」を全く排除したその提案は、他のどの案とも違っていた。

阿波踊りを大々的に語らず、「 芝居小屋 」を作るということに終始する。
形式、使用目的を固定化しないフレキシブルな4つのホールを、地上1層地下3層にそれぞれ配置する。
地上1層目の小劇場は、大きな扉を開け放てば外部と一体化する。
ホールは中心に、そのほかの機能はその周辺に。そうすれば、動線は完璧。
提案は、ほぼそれだけ。まさに、肩透かしだ。
路地性、阿波踊りといった地域性に真正面から取り組んだほかの全ての案とも違った。

それが正しいのか、正しくないのかはわからない。でも、その案が1番人を惹きつけた。
それで、勝負は決まりである。

ふるさとに、新しい風が吹く。
[PR]
by note_R | 2005-05-22 01:27
2005-05-21 18:25  <英雄>
あれからもう10年。そうか、もう10年も月日が流れてしまったのか。

小さな頃、東京ドームによく連れて行かれていた。親父の会社の野球チームが都市対抗に出場してたから。
そこで、応援しなければならなかった社会人チーム(親父の会社)にいたのが野茂英雄だった。
そんな野茂が、ドジャースで衝撃的なメジャーデビューをしてから10年。もう、10年もたつ。

トルネード投法で三振の山を築き、米国で旋風を巻き起こしている姿は、まさに「英雄」だった。
野球少年ではなかったが、親父の会社のチームから羽ばたいていったという事を盾にして、
野茂が活躍するのをまるで自分の誇りであるかのように思っていた。
それから10年。今日、久しぶりに野茂がメジャーで投げる姿をTVで観た。

10年もの間に「 英雄 」は、その名にふさわしい数々のタイトルと実績を残してきた。
そして今や、野茂は日本人メジャーリガーのパイオニア的存在と呼ばれるようになった。
もし、野茂が10年たった今もメジャーデビュー当時の輝きを維持していたならば、
パイオニア的存、つまりは先駆者などと呼ばれるようなことはなかったに違いない。
恐らく、「 Mr.K 」「 トルネード 」といった、彼の活躍を形容するニックネームが未だについていただろう。

TVに映る「 英雄 」に往年の輝きは見出せなかった。そう、もうあれから10年もたったのである。

でも、やはり野茂は「 英雄 」である。
これから野茂がどんなに負け試合を重ねても、それは変化することがない。
なぜなら、10年前の彼の強烈な活躍が今も記憶に刻み込まれているから。

かつての童心に立ち戻させてくれた野茂は、やはり「 英雄 」である。

あれから、10年という歳月が流れたというのに。
[PR]
by note_R | 2005-05-21 18:25
2005-05-19 15:32  <ゴッホとゴーギャン>
「 争いという空虚さから抜け出すことができない。これも、人間の本性である。 」
という下での投稿の言葉から、ふと思い出す事があったから記述する。

ゴッホとゴーギャンは、1888年の10月から12月にかけてアルルで共同生活を送った。
黄色い家とは2人の共同生活の舞台であり、そこはゴッホにとっての理想郷となるはずだった。
しかし、その家での2人の共同生活は理想郷とは程遠い修羅場となった。
共同生活はゴッホの耳切り事件という最悪の形で、幕を閉じる。
そこで生じたのは2人の画家の確執、つまりは空虚な争いである。

ゴッホは現実にある世界を忠実に捉え、それをそのまま短時間で描く作風だった。
それに反し、ゴーギャンは想像力を駆使し、現実と空想の間を行きかうような絵を描いた。
そんなゴーギャンの作風にゴッホは影響され、自らの作風にそれを取り込もうとする。
しかし、それはゴッホの得意とするものではなかった。思うような絵が描けなかったのである。
ゴッホは嫉妬した。そんなゴッホを見て、ゴーギャンは絵の構図によって自らの優位を示す。
2人の議論は白熱する。そして、張り詰めた共同生活は破綻する。

もしかすると、この共同生活がなかったら2人の天才画家は生まれてなかったかもしれない。
葛藤が深ければ深いほど、生み出されるものは大きいのである。
争いという空虚さから抜け出すことができない。これも、人間の本性である。
しかし、争いは時として並外れた産物をうみだすのだ。

2人の画家の確執は、共同生活以後の2人の作品を評価する者たちからすれば、空虚なものではない。
なぜなら、その争いがあったからこそゴッホの「ひまわり」に53億円という値打ちが生まれ、
その争いがゴーギャンをタヒチへと旅立たせたから。
しかし、当の本人たちにとっては、その争いは空虚なものでしかなかったのではないだろうか?
自らが追求する芸術のみによって、2人の友人関係が破壊されてしまったから。

「 毎日あなたのことを考えている。すぐにでも会いに行きたい。 」
これは、後にゴッホがゴーギャンに送ろうとした未投函の手紙での言葉である。
[PR]
by note_R | 2005-05-19 15:32
2005-05-19 15:26  <アラルの消滅>
d0053154_16165861.jpgではさっそく、はじめるとしよう。

人はなぜに笑いという幸福だけでは、満足できないのか。

「 世界じゅうの海が一つの海なら、どんなに大きい海だろな。
世界じゅうの木という木が一つの木ならば、どんなに大きな木であろな。
世界じゅうの斧が一つの斧なら、どんなに大きな斧だろな。
世界じゅうの人たちが一人の人なら、どんなに大きな人だろな。
大きなその人がおおきな斧をとって、大きな木をきり、大きなその海にどしんとたおしたら、
それこそ、どんなに大きな音だろな。 」                   
                                (「 世界じゅうの海が 」 北原白秋 訳)

2001年、衝撃的なニュースが世界を震撼させた。双子の高層タワーの痛々しいまでの崩壊。
しかし同じ年、それ以上に僕を震え上がらせたニュースがあった。
アラル海の消失。

かつて、アラル海は世界第4位の面積を誇る湖だった。その面積は東北6県に匹敵した。
2020年にはなくなってしまうだろうと予想されていたものが、2001年に消失した。
原因は、旧ソ連政府による大規模な灌漑農業のための水の搾取。

幸福を追求するために、利潤を求める。これが、人間の本性である。

「 大きなその人がおおきな斧をとって、大きな木をきり、大きなその海にどしんとたおしたら、
それこそ、どんなに大きな音だろな。 」

大切なものは、無くしてしまった後に気づく。そして、アラル近辺の隣国同士で水争いが生じる。
水争いは今や世界規模で起こりつつある。世界のあらゆる河川が異常をきたしてるから。

争いという空虚さから抜け出すことができない。これも、人間の本性である。

人はなぜに笑いという幸福だけでは、満足できないのか。
                        
                         

                          参考元:「 住み家殺人事件 建築論ノート 」 松山 巌
[PR]
by note_R | 2005-05-19 15:26
2005-05-18 15:13  <始まり>
友人と共同でblogを少し前に開設。
しかし、自分だけのblogもつくってみたくなった。

始まりは、そんなわがままから。
[PR]
by note_R | 2005-05-18 15:18