>>>>
<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2005-06-30 17:47  <心に残る映像詩 -自然と共生する居住形態->
東京の中にありながら、僕が暮らす土地の近くには豊かな自然風景がとり残されている。
その自然風景は、閑静な住宅街を彷徨っていると何の前触れもなしに忽然と現れる。
宅地化によって失われたかつての農村の光景が、時間を止めたままであるかのように住宅街の中に遺されているのだ。
それらの光景の中に身をおいていると、ある映像の世界が自然と心の中に思い浮かんできた。
恐らく、その場所の用水路からの水の流れる音や水田の風景が情景となってその記憶を蘇らせたのだろう。

「 里山 命めぐる水辺 琵琶湖畔の映像詩 写真家・今森光彦の世界 」 NHKハイビジョンシリーズ

里山とは、水田や畑を中心として雑木林や湧水などが点在する、いわば自然と人間とが共生関係にある環境のことである。
この放送番組は、写真家である今森光彦がスチールカメラをハイビジョンカメラに持ち替え、
三五郎という漁師の営みと琵琶湖畔に息づく動植物との関わりを背景として、あしかけ2年をかけて里山の四季を撮影したものだ。
この放送番組を目にしたのは偶然だった。見たのがいつだったかは定かではないが、恐らく見たのは再放送だったと思う。
しかし、いくばくの時を隔てた今もなおその映像の記憶が残っていたのだから、このドキュメンタリーのクオリティーの高さは言うに及ばない。
この作品は、懐かしさと里山の四季の移り変わりを映し出す映像美とが共存する名品である。

この映像世界が描くのは、言うまでもなく豊かな自然と生命との共生だ。
高い評価を受けている写真家の感性が映し出す里山の美しい映像詩も印象的なものだったが、
中でも特に興味を引いたのは、「 かばた(川端) 」という住居の中に水路が引き込まれた居住形態の存在だった。

この映像世界の舞台となったのは、主に琵琶湖西岸の新旭町と東岸の米原町である。
そこでは、まちなかに琵琶湖からの水路が導かれ、その水路が民家脇の道路と一体となってまちのインフラストラクチャーを構成している。
「 かばた(川端) 」は、まちなかを流れる水路を住居の中に取り込んでつくられたため池のことで、洗濯、炊事、飲み水といった生活の一端を担っている。
自然のため池を中心とした「 かばた(川端) 」空間は、現代的な居住形態に置き換えるならば、洗面場、キッチンということになろう。
しかし、完全に外の世界(自然)と分離された現代的なそれらとは違い、「 かばた(川端) 」は完全な土間空間である。
そこでは、人間の営みと琵琶湖に通じる水路とが一体となり、まさに疑いようのない人間と自然との共生が展開されるのだ。

三五朗は、琵琶湖で魚を獲る老人の漁師であり、この映像作品のストーリーはこの人物の描写を軸として展開されていく。
作品の中で「かばた(川端)」のシーンは、その三五郎という漁師の営みを追うことでストーリーの節節に織り込まれている。
「 かばた(川端) 」のため池にはコイやヨシノボリなどの水生生物が生息し、三五郎夫妻が食器を洗った後の食べ残しを餌としている。
それらの生物がため池の不要物を餌とすることで、水の浄化が自然に行なわれるというわけだ。
また、夏にはため池の水の冷たさが自然の冷蔵庫となり、野菜やスイカをため池に入れていくおくことで自然冷却が可能となる。
それによって、電力による冷蔵庫のものとはまた違った格別のおいしさが得られるに違いない。
また、冷たい水が流れ込む「 かばた(川端) 」は夏も涼しい。そこは、現代のテクノロジーとは無縁な省エネ空間なのだ。

「 かばた(川端) 」という居住形態に見たのは、究極のエコロジーの形である。それはまた、技術(テクノロジー)とは対極に存在する居住形態であった。
かつての日本の大多数を占めていた農村は、「 かばた(川端) 」のように自然と人間とが共生するエコロジカルな土地であったに違いない。
しかし、人工物が大多数を占める現代都市においては、自然との共生などといってもそれを体感することは困難である。
そこでは、便利なテクノロジーがあふれ、人々は快適性と利便性を追い求める。エコロジーという視点は、ついつい忘れがちになるのだ。
だからこそ、「 かばた(川端) 」のような存在は重要なのだ。かつての素晴らしき共生関係を顕彰するものとして。
[PR]
by note_R | 2005-06-30 17:47
2005-06-10 18:04  <真実と事実>
真実とは、嘘や偽りのないさまをいう。事実とは、現実に起こった事柄をいう。

若貴兄弟。世間は真実として、彼らに理想的な兄弟像を見ていた。
大関だった強き父の背中を共に追い、互いに切磋琢磨している姿はまさに理想であった。
そして、2人とも横綱という極みまで到達したことが、理想的な兄弟像をさらに確固たるものへと飛躍させた。
稀にしか見ることができない理想を、真実として浮き彫りにする兄弟。世間はそのように2人を見ていた。

「 “若貴兄弟”と取り上げていただいてうれしかったときもありましたが、あまりにきれいごと。
きれいな部分だけでは済まない、いつかこういう(不仲になる)日が来ることは、幼いながらに感じていました。 」

2人とも現役を引退し、数年を経た後の現在において貴乃花親方はこう明かした。
その口調は決して感情に流されているわけではなく、穏やかなものだった。
しかし、たとえ2人の確執が過去にもニュースとして取り上げられていたとしても、
彼の落ち着いた口調とは裏腹にその言葉は十分に衝撃的なものだった。
なぜなら、その言葉が世間が2人に見た理想的な真実を、2人の不仲という事実によって破棄するものだったから。

人間だから確執があるのは仕方がない。
ましてや、兄弟ともなると才能の有無や両親の偏愛によって嫉妬が生じる場合も多々ある。
遺産の相続の問題もあるだろう。さらに、横綱ともなると背負っているものが違うし、それに対する価値観も違う。
しかし仕方がないとはいえ、個人的にはとても残念だ。それは、人間の醜い部分を見せつけられたからでもあるが、
それ以上に、今回の言葉が貴乃花親方の生き様から外れてしまったように感じるからだ。
雑音に惑わされずに、だたひたすらに横綱という役割をまっとうした貴乃花親方。
自分の立場を追い込むような周囲の仕掛けも相手にせず、無言で相撲という世界だけに打ち込んだ貴乃花親方。
そんな姿に、僕自身は強い尊敬の念を抱いていた。それだけに、今回の言葉は残念だった。

でも、人は時として言わなければならないこともある。
残念だが、自らの価値観を覆してまで言葉を発し始めた貴乃花親方に僕は賛成する。
確固として自らの意思を貫いた無言の横綱は、これからは言葉によって部屋を守ることにまっとうするだろう。
真実と事実、両者を示していくことで。僕は、そう固く信じている。
[PR]
by note_R | 2005-06-10 18:04
2005-06-04 18:30  <創造的な人とは>
創造することができる人と、そうでない人の違い。それは、知識と情報の使い方にあるのではないだろうか。
創造的な人は、知識や情報を道具として扱う。しかし、そうでない人はそれらを取得したままの形で用いる。
違いは、そこにあると思う。

それはどの世界でも同じ事だと思う。
建築でも、芸術でも、文学でも、経営でも、政治でも、創造的な人々はみな情報や知識を、
オリジナルを生み出すための道具として扱っている。
今存在するものが 100 であるとするならば、それを 101 にするために。

創造的な人は、様々な価値観をもつ人々との交流を欲し、多くの人々による意見の交換を望む。
たった 1 だけ物事を進歩させるために。
その 1 が、ものごとに新しい展開を生み何らかの推進力となれば、その人は「創造的な仕事をした」
といえるのではないだろうか。
0 から 1 にできた人間なんて恐らくはいないんじゃないのかな。
僕はそう思う。もしかしたら、いたのかもしれないけど。
[PR]
by note_R | 2005-06-04 18:30
2005-06-03 18:37  <屋久島>
今、僕が最も思い焦がれ訪れたい地。それは、屋久島である。
恐らくそこでは、圧倒されるような自然の凄まじさを身にしみて感じられるに違いない。
現実にその地に足を踏み入れたことはないが、三好和義の写真集を見ているとそう確信してしまう。

「 7000年の齢〈よわい〉に耐えし屋久杉は天に連なり身じろぎもせず 」
屋久島の森のあまりの神々しさに心打たれた梅原猛は、思わずそう歌った。そして、その姿に人間の理想的な生き方を見た。

さほど大きくないのに屋久島には、7つの1800m級の山々が存在する。それだけに、この島は全体が急峻な山岳島となっている。
その地形がまた、多くの降水量を生み出す。高い山にそって空気が上昇・冷却し、多くの雲を生み出すのだ。
山間部では年間降水量が8000mm以上にもおよび、これは世界でも屈指の多雨地帯とほぼ変わらない。
豊かで手つかずの自然島を生み出すのに、この環境は十分過ぎるくらいだ。
厳しい急峻な山岳地帯は人為を遠ざけ、豊かな雨はうっそうとした自然を生み出す。
豊かな原始林の島。水の島。神の島。それが、屋久島である。

この屋久島は、1993年に白神山地とともに世界遺産に登録された。自然遺産として。
文化遺産として、その時に登録されたのは姫路城と法隆寺であった。
そして、これらはいずれも日本で初めての世界遺産となった。

では、遺産とは何なのだろうか。そして、残すべきものと活かすべきもの、壊すべきものとは何なのだろうか。
そして、それらはいかにして残されていくべきなのか。
[PR]
by note_R | 2005-06-03 18:37
2005-06-02 16:39  <偉大な祖父>
昨日、何年かぶりに祖父と会ってきた。僕の偉大な祖父と。

実は僕の周りには尊敬できる知り合いが多い。
これからも彼らを大切にし、多くのことを学びたいと思っている。
でも、そんな彼らでも到底かなわない人物がいる。僕の母方の祖父のことである。
父方の祖父は物心ついた頃にはもう他界しており、僕の中で祖父といったら母方の祖父だった。
その祖父は医者である。とある県立病院の名誉院長。天皇陛下から直々に賞を頂いたこともある。
しかし、僕が祖父を尊敬するのはそんな肩書きによるものではない。その人間性によるものだ。

人間性を言葉にするのは難しいけど、あえて言葉にするならば「真っ直ぐ」なのだ。
全てにおいて曲がっていることがない。筋が通っている。純粋。
それでいておおらかでもあり、豪快でもある。さらに、鋭い。教養が深い。明るい。声がでかい。
最後のは褒めるべき人間性として正しいのかわからないけど、祖父と接していると元気が出る。細かい事なんて気にならなくなる。
そんな祖父に僕は畏怖の念を常に感じてきた。恥ずかしいけど、一時期は祖父に憧れて本気で医者になりたいと思ったこともある。

昨日祖父に言われたこと、
「 常に最先端の研究に目を向けておきなさい。そして、彼らとのつながりを常に維持しておくように。
そうすれば、今の自分のレベルを必ず飛躍させる事ができる。 」
「 議論ができる親友を持ちなさい。自分だけの課題の中に閉じこもっていてはいけません。 」

そして今の自分を勇気づける言葉、
「 私も30才位までは人前に出るのが苦手で、とても内気な人間だった。
でも、80才にもなればこんなにもなる。 」

そして、ここ何年かでいつも言われていること、
「 背筋をのばしなさい。腹に力をいれればいい姿勢になる。人間は姿勢から。 」
[PR]
by note_R | 2005-06-02 16:39