>>>>
<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2005-07-31 19:19  <刺激>
甘い院生活の日常から、一気にハードな非日常世界に放り込まれた。オープンスクールの5日間は、そんな日々だった。
このオープンスクールは、ラージファーム(大手組織設計事務所:4社)が私立6大学(各大学10名)を対象として講義を行なうもので、
いわば、実務のプロフェッショナルと実務に直結していない大学院教育との架け橋となるための実験的なスクールだ。主催はJIA(日本建築家協会)。
基本的に午前中は、建物見学会。午後から講義が始まり、講義がおわったらグループ設計という流れ。
最初の4日間は、ラージファームが設計した建物(事務所本社、大学キャンパス)を見学し、
午後からの講義後のグループ設計でそれらの建物に対する提案を話し合う。
最終日に、各グループは4つの課題の中から2つを選択し、ラージファームに対してプレゼンテーションを行なう。

最初の4日間は、ムダにハードなだけの日々だった。ラージファームが設計した建物の見学は、設計者自らが説明してくれたので、ためにはなった。
しかし、講義は至極決まりきった事に脚色が加えられた程度のもので、新しい発見、驚きを受けるようなものを得ることはできなかった。
こんなんじゃ、わざわざ朝から遠い場所に出向いた意味がない。新たな発見が得られなければ、オープンスクールも無為なものへと化してしまう。

無為な時間は、4日目の講義が終了し、次の日のプレゼンテーションに向けての2つの課題がグループの中で決定してから、急に密度が濃くなった。
グループは、各大学から1名、合計6名で構成されている。全く初対面の者同士で、残り時間が1日もないという状況下に置かれているということになる。
とはいえ、グループ設計を課しているくせに、その作業を行なうための場所はJIA側からは提供されていない。
結局、僕らのグループは工学院大学の設計室を利用することになり、徹夜で作業を行うことにした。
その時点でグループ内は、互いの作業方法も、コンセプトの作り方も、空間に対する考え方も分からない状態だった。
つまり、それぞれの価値観が全くつかめない状態だったのだ。それまでのグループでの話し合いでは、模型も作れないし、
パソコンも使えない、よりどころが2次元の資料だけという状態だったから、それは当然。
そして当然のごとく、それぞれの課題のコンセプトの大枠も曖昧な感じで、全くの五里霧中のフワフワした状態だった。
その状況を打破したのは、模型材料を購入し、とりあえず今あるイメージを形にしようと模型やCGを作り上げ始めたことだった。
実際に手を動かし、作業を積み重ねていくことで、曖昧なコンセプトを明確化していくことが可能となったのだ。刺激的な時間はそれからだった。

そうなることで、メンバーそれぞれの強み、全体の妥協点が見えてきたのだ。
コンセプトや空間を作り上げていくことが得意だが、そつなく作業ができない者。
それぞれが作業している中、各メンバーを統率するための話し合いの時間を作ることができる者。
コンセプトをプレゼンテーション化し、明確、そして簡潔に伝える技術を持つ者。
強気な態度をとれるカリスマ性を持ち、本番のプレゼンテーションの大舞台でも、積極的にコンセプトを伝えることができる者。
停滞した話し合いを流動的にするために、議論の本質をつく発言でなくても、とりあえず何でもないことでも発言しようと試みる者。
それぞれのメンバーが持つ強みがうまく噛み合い、結果的に限られた時間の中で作業したとは思えないような完成度の高い作品ができたのだ。

一つは、日大船橋キャンパスの全体計画に秩序を持たせるために、
強い形態のシンボリックな塔(ランドマーク)とそれと連続する広場とを14号館前に配置するという提案。
ここでは、割とプログラムにこだわらない有機的な形態で、自由に楽しく設計することを目的とした。
そのためにコンセプトは抽象的なものだったが、それでよかったと思う。
もう一つは、東京工芸大学の既存体育館の桁側と屋根の躯体のみを残し、妻側を全てオープンにするという提案。
単純な操作によって生み出された内部空間は、内外の領域が曖昧化されたニュートラルな大空間となり、
結果として風景と地域住民とをつなぐ空間となる。ここでは、プログラムにこだわった。
桁側に設備機能をまとめ、内部に農業関連(周辺環境から導いた)機能やカフェ、テラスなどといった機能をハコとして点在させた。
そこまで考えてはいなかったが構造的にも問題はないらしく、まさにお見事としか言いようのないコンバージョンだったといえる。
この案は、山下賞を受賞した。

聞くところによると、僕が一緒になったメンバーのうちの数人かはそれぞれの大学の中でトップレベルの学生らしい。
他大学の優秀な学生とともに素晴らしい提案を行なえて、とても刺激になった。ほんの少しだけまた設計がしたくなりました。
[PR]
by note_R | 2005-07-31 19:19
2005-07-24 23:26  <誇りをもてる街>
次週からオープンスクールが始まるという土曜日に、最後のレポートを提出してからkozとjun-ichiroの3人で東京観光をした。
始まりは浅草、そして水上バスで浜離宮に近い日の出桟橋までクルージングして、汐留シオサイトまでの小旅行。
クルージング以外は全て歩き。jun-ichiroとは、御茶ノ水からお台場、そしてそこから渋谷まで歩くという、
かなり無意味なお散歩をかつてしたことがあったが、今回はkozがそれに加わった。
クルージングでは、懐かしき自分の卒業制作の舞台であった月島を通り抜けた。月島は新旧が共存する地区だから、
今回の小旅行は大きく括ってしまえば、(旧都市空間)→(旧+新都市空間)→(新都市空間)の旅だったといえる。

猥雑、汚い、ぼろい、界隈、綺麗、贅沢、おしゃれ・・・といった要素が、バラバラに秩序なく散りばめられている。
今回経験した東京はそんな都市だった。まさにカオス。既に言われてきてしまったものだが、そんな言葉が最もよく当てはまる。
そんな東京について、肯定的に見る人もいれば、否定的に見る人もいる。
肯定的に見るのは、割と外国人に多いように感じる。
それらの人々には、綺麗に整備された欧米の都市とは違うトーキョーのユニークさが魅力的に映るのだろう。
逆に否定な見方をするのは、日本人に多いような感じを受ける。
欧米の都市を模倣してもっと秩序を持たせるべきだったというのが、その意見の大半だろうか。
しかし、最も重要なことは、そこで暮らす人々が誇りをもてるような都市に東京がなっているのか、ということではないだろうか。
例えば、外国人に東京の魅力は何ですか?東京のどこの場所が最も素晴らしいですか?と聞かれたら、誇りを持って答えられるだろうか?
少なくとも僕は、胸を張って誇れるような場所が、今回歩き回った東京の中にあるとは思えなかった。

浅草。今回の小旅行で一番東京らしさがあったのは、ここだろう。
懐かしさを喚起させるものとしての魅力がそこにはあった。東京の原風景を感じさせるような魅力が。
しかし、外国人に誇れる街として胸を張って浅草といえるかどうかはわからない。
誰をも許容するような人間的で生活感にあふれた光景は惹きつけるが、全体的に現代的な美に欠けていたようにように感じる。

隅田川脇のおびただしいほどの青いシート、超高層ビルだけが見せ場である光景、無秩序な交通インフラ、汚い川・・・
水上バスからの光景は、とても胸を張って見せれるような代物ではなかった。これでは、流石に誇れない。

確かに汐留シオサイトは、豪奢で綺麗な再開発が行なわれているせいか、魅力的だった。
しかし、歴史的建造物と現代のテクノロジーを融合させることで「横浜らしさ」という特色を打ち出せている横浜と比較すると、
現代的なものばかりで歴史文化的な魅力があまり感じられなかった。東京だからできるもの、東京にしかできないこと。
そのようなものに欠けていて、本当の意味で誇れるとは言い切れない。

歴史文化を感じさせると同時に、美しい街並みならば誇れる街となるに違いない。
そして、誇れる街が形成されれば、人々は主体的に街について考えていくだろう。100年後の東京は、誇れる街となっているのだろうか。

【後記】
それにしても、カフェの外の客席でヴェネチアンな気分を味わっている時に直撃した地震にはびっくりしたね。
何かが落下する音がしてたからね。津波がくるんじゃないかと心配してしまったよ。
そしておみくじが大吉(しかも、一番)だったことにもびっくりした。何もいいことなんて起こりそうにないけどね。
[PR]
by note_R | 2005-07-24 23:26
2005-07-17 11:54  <本質を見る目>
土曜日は、正直疲れた。2限の講義に出席し、終了後昼食を取る間もなくそのまま横浜へ。
そして、講義の一環である横浜視察途中の集団にそのまま合流し、炎天下の横浜をただひたすら歩く。
空腹と暑さで意識もなくなりそう・・・って程のものでもなかったけど、とりあえず疲れた。
でも、大変だった分得られるものも大きかった、そんな一日だった。

まずは、2限の講義。この講義は、2005-07-09の投稿で紹介した講師による最終講義。
またまた、僕に課題を与えるような言葉を言ってくれましたよ、その講師。
「 今の日本人は暮らしよい生活を送れるような価値観をもっていない。
そして、資本社会は、弱いものいじめの仕組みである。落ち着いた心、本質を見る目を見失わないように。 」、と。
本質を見る目。その言葉の意味するところとは。その答えの一端は、実はその後の横浜視察の中に隠されていた。

視察中に、かつて訪れたことのあるヴェネチアと似たものを横浜に感じていた。
両者とも歴史的海港都市。プロムナード(散歩道)が基本である街路構成。でも、何かが違う。その違いとは、何か。

漠然としたその違いは、帰宅後のNHKハイビジョン特集「 イタリア式 街の愛し方 」(出演:奥田碩 安藤忠雄)によって明かされる。
この番組は、イタリアの都市の魅力の所在を探るもの。その中で取り上げられたトレビソは、安藤忠雄によるファブリカがあるイタリアの地方都市。
この番組の要点は、そのトレビソを拠点としているルチアーノ・ベネトン会長の言葉に端的に表れている。

「 昼はバリバリに仕事をして、夜は人間的な生活文化を楽しみたい。
そのためには、生まれ育ったトレビソの街がミランやローマといった大都市よりはいいのだ。 」

イタリアの都市では、仕事や食事の仕度をし終わった後に人々が街に繰り出すのが普通の感覚。
それは、出会いを求め、他人との会話を楽しむイタリア人の気質から来るものだ。夜に路上でサッカーが始まったりもするらしい。
要は、心の豊かさを生活文化を楽しむことで充足させるという価値観を、イタリア人は共通して持っているということ。
実際に訪れたヴェネチアの広場では、自然と音楽が流れ、食を楽しみ、他人との会話を楽しむイタリア人で溢れていた。
その密度は、生活文化を楽しむという価値観をあまり持ってはいない日本人で溢れていた横浜のそれとは、比べ物にならないものだった。
ヴェネチアと横浜との違いは、魅力的なまちづくりうんぬんではなく、日本人とイタリア人の根本的な価値観の違いから生じるものだったのだ。

横浜は、日本の都市の中では他に類を見ないくらいに魅力的なまちであることに間違いはない。
しかし、真の魅力を維持しているヴェネチアと比較すると、根本的な違いがあった。
出会いを求め、他人との会話を楽しみにまちに繰り出す人間がいなければ、真の魅力的なまちは成立しない。それが、本質。
そして、視察後の飲みに参加しなかった自分も、生活文化を楽しめていない日本人のうちの一人。それも、本質。
(でも、集団の飲み会は馴染めません。)

インプットされた情報が、面白いくらいに噛みあった一日だった。
そして、将来は必ずイタリアに定住しようと固く決意した一日でもあった。(まちなかでサッカーできるし)

本質を見る目が、自分の意見を持つことにつながる。
[PR]
by note_R | 2005-07-17 11:54
2005-07-09 23:45  <アイデンティティ>
今日は、講義だった。毎週土曜は、珍しく朝からの講義。

担当の講師は、まちづくりを現場で実践しておられる方で、とてもいい人柄の持ち主だ。
海外からの留学生にも気を使ってよく話しかけ、彼らの故郷の都市のこと、
日本の都市(東京)に対する印象などを、講義の中で興味深く聞き出す。
海外での経験が豊かだから、祖国を離れて日本にまで学びにきている彼らの苦労がわかるのだろう。
また、受講者が意見を述べなければならない時は、述べやすいような雰囲気を作り出してくれる。
ひとりひとりの受講生に気をかけてくれる、講師の鏡ともいえる本当にいい講師。
豊富な経験から熱く語られる様々なまちづくりの事例は興味深く、結構聞くのが楽しみでもあった。

そんな講師による授業も残すところあと2回となった今日の講義で、重要な言葉をもらった。
それは、その講師が傾きかけたあるまちづくりコンサルタント会社を立て直す仕事に携わった時の、
会社にとって必要になる人とならない人の評価軸。
つまり、どのような基準を持って新入社員を受け入れるか、または、不必要な人間を整理するかということ。
恐らく、それはこれからの自分にとってとても重要なことになるものだろう。

まず言われたのは、マニュアル的な人間は応用が効かず、組織にとっては必要にならないということ。
上司に与えられたことだけをこなす人間は何の促進力にもならず、足手まといになるという。
そして、二番煎じ、つまり、与えられた課題を他から取得した情報の羅列だけで終わらせてしまう人間は、
組織にとって何の価値も生み出さないということ。
新入社員の面接では必ず、「 その作品は、あなた自身のオリジナルですか? 」と聞いたという。
簡単になってしまったけど、その講師に言われたことはおおよそ以上の2つかな。
つまりこれらを要約すると、確固たるアイデンティティを持っているか否かが評価基準になっていたということなのかな。
そして、この評価軸で採用試験を行なっている面接官も多いという。
しかし、そんなことを言われるだけでは、受講生にとっては何の解決策にもならない。
それができるようになるためには、具体的にはどうすりゃいいんだ?

その講師は続ける。情報を発信しなさい、と。
自らが今行っていること、考えていることを何らかの形で世間に発信していきなさい、と。
そうすれば、アイデンティティの確立につながるでしょう、と。
なるほど、情報を世間に発信するということはいやがおうでも主体的に成らざるおえない。
そして、発言に責任も伴うから、確実に自分が正しいと考える情報しか発信できない。
そうしたトレーニングを積み重ねていくことで、アイデンティティやオリジナリティは形成されていくのか。

そういった意味でblogというツールは、最適なのかな。
でも、ここで発信していることはアイデンティティの形成につながっているのだろうか?
少なくとも、価値ある情報を流せていないのは確実。でも、価値ある情報って何だ?
まぁ、そんなこと悩んでいる時間なんてないから、とりあえずはもう少し続けてみますかこのblog。
ムダではないでしょう…
[PR]
by note_R | 2005-07-09 23:45