>>>>
<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2006-04-15 00:49  <建築家・中村好文>
より人間的なスケールの「家」には、生活者の所作が如実に表れる。
それだけに、「家」の設計は楽しい。より身近な想像が、ダイレクトに設計に反映されるから。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に、建築家の中村好文さんが出演していた。
中村好文さんは、我が家の設計をしてくれた建築家。余談だけど、若い頃はかなりかっこよかった(今もだけど)。
綺麗過ぎてかえってくつろげない一般の建築家の住宅とは違い、中村好文さんの住宅には遊び心と温もりがある。

中村好文さんは、ビルの設計や大規模再開発には目も向けないで、あくまで「家」の設計にこだわる。
施主にとっての心地よさを会話の中で引き出しなしながら、プロの住宅作家としての知恵や創意工夫を打ち出す。
それは決して建築家としてのエゴによるものではなく、あくまで生活者のためのいい「家」の提案によるもの。
いい「家」のデザインとは、中村好文さんのような設計をいうのかもしれない。

そんな中村好文さんも、2度も職を失った経験がある。
そして、失職後の設計事務所設立当初は全く仕事が来なかったらしい。
当時の世間と自分とのズレによる焦燥感。それが、一番辛かったとのこと。
でも、今住宅作家となっている中村好文さんは、やりたいことを職にしていてとても幸福そうだ。

「仕事を選ぶ人ではなく、仕事に選ばれる人がプロフェッショナル。」
果たして自分はどんな職に選ばれるべきなのか?
[PR]
by note_R | 2006-04-15 00:49
2006-04-13 12:10  <海上の森>
海上(かいしょう)の森は、愛知県瀬戸市に存在する。そこは、野生生物にとっての楽園の地。
しかし、そんな楽園も万博の会場として一部が人為によって失われた。
「愛・地球博」「自然の叡智」を謳った愛知万博の会場として、開発されてしまったのだ。
仮設的な万博のためにかけがえのない原生林が失われてしまう。
結果的に、愛知万博の会場は海上の森の一部だけになったが、
初期案で愛知県はその場所に大規模な住宅団地を建設する予定だったらしい。
「自然の叡智」の本質とは何なのか?ちょっと考えさせられる。そんな、お祭りの舞台裏。

あと、最近耳に残った言葉。これはスタジオジブリの新作映画の中での言葉だという。
「農民は田畑を捨て、職人は技を忘れた。」
なんだか分からないけど、この言葉が妙に耳に残った。

ジブリ映画が観たくなった。
[PR]
by note_R | 2006-04-13 12:10
2006-04-03 15:28  <受難>
昨日は、酷い日だった。ある新聞社の一般教養試験があったんだけど、酷い日だった。
この新聞社、受けてみようかな位の軽い気持ちでエントリーしたんだけど、酷い日だった。

試験開始時間の30分位前に、会場の最寄り駅に着いたまでは良かった。しかし、そこから歯車が狂い始める。
スーツ姿の集団が、自分が思い込んでいる会場の方向と逆の方向に向かっているのは分かっていた。
でも、「集団心理とは怖いな、みんな方向を間違えてるよ。」と、自分が考えている会場の方向に向かう。
しばらく歩いていると、会場らしき大学が見えてきた。着いた、と思ったらそれは違う大学だった。
おかしい、と思ってさらに会場を探しているうちに会場の最寄り駅の一つ先の駅に着いてしまった。
それは、会場とは全くの逆方向の駅だった。騙された。

あせった。その時はすでに試験開始時間の5分前。とりあえず、この駅から試験会場の最寄り駅まで電車で戻ろう。
走った。最後に全力で走ったのがいつだったか忘れてしまっていたが、全力で走った。
しかし、乗るべき電車のホームがこれまた遠い。約1分間全力で走り続けた。
なんとか電車に乗る。このときすでに試験開始4分前。間に合わないな。

再び試験会場の最寄り駅に着いたのが、試験開始時間2分前。
今度は先ほど集団が向かっていた方向に素直に向かい、全力で走った。同じ境遇(?)の受験生3人で共に全力で走った。
会場が見えてきた。入り口に着いたと思ったら、「受験する方は正門からお入り下さい」と立て看板。また、騙された。
「はぁ?ここは正門じゃないのかよ。正門は、駅に近いとこにつけるでしょ。普通は。」
と心の中で愚痴を言いつつ、仕方なしに正門に向かう。これまた遠い。もう既に開始時間は過ぎている。

ようやく会場に辿り着いたら、試験はまだ始まっていなかった。遅れたのは自分だけだった。
人のあまりの多さにビックリすると同時に、センター試験を思い出した。まるで、大学入試の会場みたいだ。
ぎりぎりセーフと思ったのも束の間、着席と同時に「それでは始めてください」と試験官。
休む暇はなし。そして、90分の試験と60分の作文を何とか乗りきる。作文のテーマは、「ライバル」だった。

手ごたえ全くなし。疲労は限界。そして、追い討ちをかけるように帰り道は嵐。
自分だけに風雨が集中して当たる。辛すぎるこの仕打ち。弱り目に祟り目。限界は既に超えている。
寒さで傘を持つ手の感覚が麻痺しているのが分かった。早く家に着いてくれ。

何とか家に着き、安堵する。こんなに酷い日は、もうゴメンだね。
[PR]
by note_R | 2006-04-03 15:28